Find

友だち   フォロー   フォロワー
17 1 42
コダチ
 27 愛知
小さい頃から馬が好きでした。
人と共に一生懸命に走る競走馬達の姿が僕にはとても美しく、そしてかっこよく見えます。

誰も知らない未来が、その瞬間を経て、多くの人の記憶へと刻まれるドラマとなります。

そんな『明日』のある競馬が大好きです。
今週もどうか全馬、全騎手、無事で走りきる事ができますように!


★馬券の方は『統制数値理論』というものを勉強し使用しております。

《!》統制数値とは…
競馬にはある一定の期間、同じ数値ばかりが馬券対象になることが暫しあります。
これを統制のとれた数値。即ち『統制数値』と呼び、途切れるまでその位置を狙い撃ちます。
途切れた際には、また新たに水面下で出来上がっている数値を探り当て、それを同じように途切れるまで狙い撃ちます。

これが『統制数値理論』です。一般的には『リンク理論』とも呼ばれます。

そしてこの理論のベースとなるものが『正』と『逆』という言葉。

これが指すものは…
☆『正』(正数)
馬柱を最内から大外に向かって数えていった数値です。
もし大外番に辿り着いてもなお数値が残っている場合の次数は【また最内に戻ります】
即ち16頭立ての【正20】だとしたら、その指す位置は《馬番4》になるということです。


★『逆』(逆数)
これは正数とは逆に馬柱の大外から最内に向かって数えていった数値です。
正数同様、端に辿り着いてもなお数値が残っている場合はまた大外に戻ります。
例えば16頭立ての【逆30】だとしたら、その指す位置は《馬番3》になります。
※逆数計算の場合は間違え易いので注意が必要です。


要は数字遊びみたいなものです。
なおこの理論自体は僕が作ったものではありません。
ある方がこの理論を作り、世に広めました。
僕はこの理論の基盤を徹底的に学び、それを応用して『独自の統制数値』を求めて日々腕を磨いている所存です^^
皆様どうぞ今週もよろしくお願い致します♪
友だち(17)
マイページ メニュー